僕が考える老いへの恐怖との向き合い方と、不老不死について

こんにちは。
津軽三味線 唄うたいの「つむぎ人HIDE」です。

僕は「介護の仕事」をしながら、「シンガーソングライター」をしています。

昭和40年生まれです。

人生百年とすると、とうとう折り返し地点を折り返してしまいました。

まさか、自分が老いるとは思っていませんでした。

いえ、解ってはいたんですが、実際自分がそういう年になると「老い」という事を嫌でも実感してきます。

そして、不老という事を切実に考えるようになりました。

特に、僕の場合「ライブ」の時など人前に立つときは、男のくせにお化粧をして少しでも若く見えるように取り組んでいます。

今回は、僕のたどり着いた「老いの恐怖との向き合いかた!」そして!永遠のテーマ「不老不死」に対する取り組みについて考察してみたいとおもいます。

老いとは?

僕が30代・40代の頃は、実年齢より10歳〜20歳ほど若く見られることが沢山ありました。

本当ですよ!

ネタとしては受けるんですが、男性としてはあまり嬉しいものではありませんでした。

しかし、それが50代になり突然、逆転してしまいました。

逆に、実年齢よりも年上に見られることも増えてきました。

そうなると、結構ショックです。

それからは、意識して若作りするようになりました。

でも、手遅れかもしれません。

顔は、シミだらけでシワだらけ!

肌はカサカサ!

ははは!

では、老いとはいったいどういう事でしょう?

いったい幾つから、人は老いた事になるんでしょうか?

結論から言うと、年齢ではありません。

例えば、16歳の女の子からすると、20歳の女性はおばさんです。

逆に、100歳のお爺さんからすると、95歳の男性は若造ということになります。

比べる人によって、かわるんですね!

こう考えると、「老いとは何か?」なんとなく見えてくる気がします。

すなわち、本人もしくは第三者が、何かと比べて感じるものと言うことになります。

老いとは、実体の無いものと言うことです。

例えば、「去年の写真のほうが今よりも明るい服装なので、若く見えるね!」であったり。

「私の方があなたより白髪が多いので、老けて見えるわ!」であったり。

そう言えば、美人の定義もよく似ていますよね。

引き立て役を従えておけば、必ず美人とか可愛いと言われます。

そういうことです!

不老は可能か?

では、不老とはどういうことでしょうか?

例えば、10年前と比べて全く年を取ってないこと。

30年前と比べて全く年を取ってないこと。

100年前と比べて全く年を取ってないこと。

こんな人が、本当にいるんでしょうか?

もし、いるなら会ってその秘訣を教えて貰いたいと思います。

しかし、僕はまだお会いできていません。

噂ですら、そんな人がいるとは聞いたことがありません。

太古の昔から、人類は「不老不死」を追い求めて来ました。しかし未だにそこには到達していないということです。

しかし、科学的にはもう目の前まで来ていることは確かです。

理論的にも可能な様です。

例えば、自分のクローン人間を作り、病気になった部位をクローンと取り替える。

うん、確かに出来そうですね。

また、細胞レベルでの老化の原因と言われている「テロメア」。

このテロメアが、遺伝子の末端で細胞分裂のたびにだんだん減っていくことが老化の原因だといわれています。

このテロメアがなくなると、細胞分裂が出来なくなり、老化が始まると言われています。

しかし、このテロメアの再生医療により、細胞分裂が際限なく可能になり、老化が起こらない!という実験が進んでいます。

うん、これももうすぐできそうですね。

実際、「不老不死」が実現したらどんな世の中になるんでしょうか?

不老不死が実現した世界とは?

残念ながら、僕には想像することができません。

ちょっと飛躍しすぎで、考えたことすらありませんでした。

もし、自分が死なないとなるとどうなるでしょう?

多分、死の恐怖から解放されるなら…

何も怖く無いから、何でもできる気がします。

逆に、何にも怖く無いから何もする気が起こらない。

ご飯食べなくても死なないなら、食の心配が無くなります。

仕事もしなくて良いでしょう。

人間が植物の様に動かなくなり、根を生やす?

うぎゃ!ちょっと想像したくありませんね。

今回のテーマからちょっと離れ過ぎてしまうので、この件についてはこのくらいにしましょう。

実際、可能としても僕が生きている間に一般化するとは考えられません。

不老が可能で無いなら、どうすれば良いか?

老化を受け入れる

不老が可能でないなら、老化を受け入れる。これが、僕の答えです。

初めから、このお話しがしたかったんですが、大きく逸れてしまいました。

人は、年相応がいちばん美しく見えます。

これは、本当です。

美容整形も、進歩して来ました。

でも、無理にシワを伸ばした顔は、引きつって不自然に見えます。

いくら、技術が進んで不自然さが無くなっても、自然と醸し出る人間本来の美しさには勝てません。

美容整形は、それらを隠してしまいます。

美容整形を否定するわけではありません。

しかし、「若く見えたい」という欲求に振り回されていては、あなたの本当の魅力が隠れてしまうと思うのです。

今の年齢に自信を持ち、それ相応の魅力を演出している人の方が、美容整形で若作りしている人よりも若々しく見えます。

「今の自分に自信を持つ!」って大事ですよね。

人は直ぐに誰かと比べて、自信を失います。

誰かと比べて、「負けた!」とか考えます。

そんな事、考えていると老けますよ!

人は人、自分は自分!

自分の個性を生かして、今の自分らしく胸を張って生きてください。

意外とその方が、周りの人から「若く見えますね!」と言われる様になると思います。

健康でいること

老いと健康は深い関係にあります。

介護施設で、お年寄りのお世話をさせていただいていると、よくわかります。

老いは、年齢よりも健康に左右されるということです。

100歳のお爺さんでも、健康な人は現役でシャキシャキしてます。

背筋もピーんです。

若い!

しかし、ある方は60歳も、すでにヨレヨレのお爺さんみたい見える人もいます。

大病を患っていたんですね。

すっかり良くなって、退院して来たんですが、髪の毛は真っ白です。

また、病歴以上に、気持ちがもっと大事ですね。

どこも悪く無いのに、病気の心配ばかりしている人がいます。

病気を恐れるあまり、薬ばかり欲しがる人がいます。

病気を治すのに、無理な治療を要求する人がいます。

この人達からは、生きる活力や美しさは見えません。

半分、ノイローゼの様な状態です。

ノイローゼは、いちばん厄介な病気ですね。

気持ちの病気だから、治しようが無いからです。

病気も、受け入れることが大事です。

どんな病気になろうと、まずそれを受け入れることが大事です。

どんな治療があり、自分に合った治療はどれかを見極め、最善の結果を導き出すことが大事です。

病気を必要以上に恐れると、少しも良いことはありません。

人はいつか、必ず亡くなるのです。

それを、受け入れることが、難しい人がいます。

無理な治療ほど、人を苦しめるものはありません。

死や病気や老化から逃がれようと抵抗すればするほど、人は苦しみのどん底に落ちていきます。

死や病気や老化をまずは受け入れることが大事です。

それらを受け入れた人は、例え死の淵にいたとしても美しい姿を醸し出しています。

例え大病の床にいようと、人に何かを与えることができます。

例え何歳になろうと、若々しい姿を見せてくれます。

まとめ

しかし、老いに直面すると、人は必ずと言っていいほど、迷子になります。

狼狽して、何故自分だけこんな目に合うんだろう?と考えてしまいます。

まれに、化粧が濃くなり、派手な服装やエステにお金をかけ、しまいには美容整形にまで手を出してしまうなんて人もいます。

そういう僕も、先日読んでいたメルマガの広告に「プラセンタと8種類のナノビタミンが入った洗顔フォーム」てのが載っていました。

その洗顔フォームのお値段が、「次回のメルマガで発表!」とあったので、気になって仕方がないんです!

これでは、いけませんよね!

ま、洗顔フォームは買うにしても、やはり年相応の魅力を醸し出せる様な人間になることが大事です。

人から尊敬される様な人間になることが大事です。

若く見える事よりも!です。

そして、観客に感動を与える様な津軽三味線の演奏を心がけようと思います。

「あれ?つむぎ人さん、最近若くなった?」なんて言われる日を夢見て!

あ〜でもない、こ〜でもないと、皆さんに喜んで頂けるブログの更新を頑張ります。

そして、いつまでも若々しいあなたが、僕の津軽三味線の音色に癒されますように!

byつむぎ人HIDE