津軽三味線を手に入れる為の4つの方法

こんにちは。

津軽三味線 唄うたいの「つむぎ人HIDE」です。

津軽三味線カッコイイですよね!

でも、「よし、買うぞ〜!」と、決心してからがたいへんです。ピンからキリまで!それに凄く高い!

僕はネットオークションで安く購入したり、入門者用のセット価格2万円ってのも持ってたりと、満足のいく三味線を手に入るまで、7本も(総額二百万程?)買っちゃいました。でも、まだまだ欲しいです。

しかし、今ならインターネットを使えば、ショップ情報がわんさか!実店舗を探すもよし、ネットで直接津軽三味線を買っちゃうもよし!

「財布と相談しながら申し込む」というところまで、津軽三味線を手に入れる為の方法を4つに別けて、経験豊富な僕がアドバイスしますね。

先輩や師匠、支援者から譲ってもらう

滅多に無いですが、先輩から津軽三味線をもらったというひとがいます。また、自分にはパトロンがいるので、三味線をあつらえて貰ったというひと。ラッキーですね!

かの「木乃下真市(きのしたしんいち)」(上妻宏光さんと並び、津軽三味線奏者の中で若手双璧と言われている)さんが上京する為に和歌山を後にするとき、支援者の町工場の社長さんがヘソクリの二百万円で、最高級の津軽三味線をあつらえてくれたそうです。うらやましいです。

実は僕も師匠から借りっぱなしの三味線一丁持ってます。いつか返さなきゃね!

あと、津軽三味線教室によっては、レンタル用の三味線を用意してくれているところもあります。

津軽三味線を譲って貰う長所は何と言っても無料ってとこ、短所はこのチャンスはなかなかやってこないってところでしょうか?

さあ、あなたも「三味線が欲しい!」と強く望んで下さい。きっと手に入るはずです。

ネットオークションで購入する

ここではネットオークションで津軽三味線を落札する方法をお話しします。

ネットオークションのページを開けば、沢山の津軽三味線の画像がみつかります。

勿論、検索は「津軽三味線」で大丈夫です。

でも、オークションはくせ者です。気を抜いていると、先に誰かに取られてしまいます。

また、熱くなりすぎると値段がどんどん上がりすぎてしまいます。

コレという津軽三味線が見つかったら、まずはオークション終了予定日を確認して、その直前までじっと待ちます。

そして、購入可能金額を決めておき、時間が来れば金額をチェック。金額がそれ以下の場合は一気に自分の最高額で勝負します。

誰かがそれ以上で入札してくる場合は直ぐ諦めましょう。何故なら、誰かが値段を吊り上げている可能性もあるからです。

例えば、初めは5千円位の津軽三味線が、一気に10万円超えるのを何回も経験しています。引き際を間違えると大変なことになります。

出来れば、このオークションの駆け引きは、値段の安い商品で慣れておいた方が無難ですね。

ネットオークションでの長所は、安く手にはいること、短所は根気がいるって感じでしょうか?

でも、オークションで落札すると決めたなら根気よくチャレンジして下さい。

きっと、僕の様に掘り出し物を手に入れる事も可能だと思います。

ネットショップで購入する

ネットショップにも沢山の津軽三味線が販売されています。直接商品を見定める事が出来ないかわり、全国いろんな所のショップを比べる事ができます。

ネットで調べたり、誰かと相談したりして津軽三味線購入の知識を得たら、購入金額をきめて下さい。そして、各ショップを比べましょう。

ただ、高額商品の為、悪徳業者に騙されると被害も大きくなります。ショップに対する下調べは十分行ってください。

僕は、必ずそのサイトの「口コミ」をチェックしています。評判の良いところが見つかれば、常連として長い付き合いも出来ます。

こうなると、ネットショップ程便利なところは無いですよね!

この段落での長所は、簡単便利ってところですね!で、短所は、直接商品を見れないため、失敗する可能性が大きいというところ!

実店舗で購入する

僕のお勧めは、大阪の堺東にある「つるや楽器」さんです。もう随分お世話になってます。最初はネット検索でみつけたんですよ。

あなたも、お気に入りの楽器屋さんがあれば、そこで相談して下さい。

無ければネット検索で探してくださいね。検索ワードは「津軽三味線 楽器店 (あなたのお探しの地域)」です。

ショップが見つかれば、あとはお店の人と相談して下さい。津軽三味線購入まで、導いてくれることでしょう。

実店舗で購入する長所は「安心して、じっくり納得いくまで相談できる」ですね!で、短所は「実店舗は敷居が高い」って感じですね!

僕も「つるや楽器」さんでは、いつもいらないものまでついつい沢山買ってしまいます。

おだて上手なご主人が二人もいるからね!

おまけ〜既製品か?特注か?〜

最後に、津軽三味線を購入するにはふたつの選択肢あります。

ひとつは、店頭に並んでいる津軽三味線という商品を購入する…既製品

もうひとつは、津軽三味線製造の為の資材を選んであなたの注文通りあつらえて貰う…特注品

値段はどちらもかわりません。20万で造って下さいと言えば造ってくれます。200万で探してくださいと言えば探してくれます。

でも、憧れはやはりあつらえて貰うことです。

自分で選んだ資材をもとに、注文通りあつらえて貰った津軽三味線には、格別の思いがあります。

津軽三味線購入を検討しているあなたはどちらを考えていますか?一般的には既製品購入が多いでしょうか?

でも、せっかく大金をはたくならあつらえて貰う価値は十分あると思います。知識と時間が有るなら。

既製品長所は、気に入った津軽三味線が店頭にあればすぐ商品が手に入ることです。短所は気に入ったのが無ければお店を何軒も回ることになる。もしくは、気に入らなくても妥協して購入することになる。

対して特注品長所はやはり自分の思い通りの津軽三味線を創ってくれることですね!短所は出来栄えは職人さんの腕次第です。出来上がったら要望通りでは無かったりするということです。

でも、津軽三味線を手に入れるには、どちらか選ばなくてはなりません。特に、こだわりのある「自分ならではの津軽三味線」に出会えるまでは。

まとめ

ここまで読み進めて頂きありがとうございます。

弘法筆を選ばずと言いますが、「ほんまかな?」といつも思います。

良い三味線を持てば、腕が上がります。自分なりの三味線を持てば、個性が浮き上がります。

個性のない津軽三味線奏者は、ひとりもいません。

自分なりの音を探す旅もまた、津軽三味線習得の魅力のひとつですね。

そして、あなたの人生の片隅に、あなたの素敵な津軽三味線の音色があればと願います。

byつむぎ人HIDE