津軽三味線とは?

こんにちは。

津軽三味線 唄うたいの「つむぎ人HIDE」です。

「津軽三味線とは?」

とネットで検索すると沢山のウンチクが見つかります。

それだけ津軽三味線を愛し津軽三味線の歴史をしっかり伝えていこうとしている方が沢山いらっしゃるという事です。

じや、僕の出る幕は無いの?

いえいえ!大丈夫!僕ならではの切り口で少し解説したいと思います。

まずは津軽三味線という楽器について詳しく解説してみたいと思います。

津軽三味線って、普通の三味線とはどう違うの?

「津軽三味線」と言う言葉には、2つの意味があります。

1:青森県津軽地方で独自に発展した、三味線の演奏スタイル・ジャンルのこと。

2:上記の「津軽三味線」というスタイルで演奏する際に使われる三味線の事。正式には「太棹三味線」と呼ばれる三味線の一種。

三味線という楽器は、中国から沖縄を経由して日本までやってきました。その後、各地に広まりました。

三味線の種類を大きく分類するとしたら

1  沖縄県民謡などで使われる「琉球蛇味線(三線)」

2  日本各地で使われている、「いわゆる普通の三味線」

3  津軽地方で発達した「津軽三味線」

4  地唄や津軽民謡などで使われる「太棹三味線(フトザオジヤミセン)」

です。

三味線は各地に広まっていき、民謡の伴奏などに使われました。

ですが、青森県の津軽地方では、独自の演奏スタイルが発展しました。

他の地方に広まった三味線が主に伴奏に使われたのに対して、津軽地方では三味線による独創が行われました。そしてそれは、激しくダイナミックな演奏スタイルでした。

このスタイルは「ボサマ」と呼ばれる、盲目の旅芸人たちが始めたと言われています。

彼らは民家の軒先で三味線を弾き、米やお金をもらって生活していました。

この際 人々の興味を惹くために、ダイナミックで激しい独自の演奏スタイルが発展しました。

この演奏スタイルを指して「津軽三味線」と呼びます。津軽三味線というのは、本来は楽器の名称ではなく、ジャンルの名称であると言えるでしょう。

一方で、楽器そのものを指して「津軽三味線」と呼ぶことも有ります。

ややこしいのですが、津軽三味線という楽器が存在するわけでは有りません。

これは、津軽三味線という演奏スタイルに使われる際の、太棹三味線という楽器のことを指します。

津軽三味線は激しい演奏スタイルが取られるため、激しい演奏に耐えうる改良が加えられていきました。

他の三味線よりも太鼓の大きさはより大きく、竿の太さはより太くなっていました。

これが、太棹三味線です。

実は僕も、地唄用の太棹三味線を、ネットオークションで落札して使っています。

そして、ステージなどで「これは津軽三味線という楽器です。」と紹介しています。

津軽三味線の各部の名称


上の写真のように三味線は糸巻き(「天神(てんじん)」とも言う)の部分、竿(サオ)の部分、胴(ドウ)(太鼓になっている)の部分と三つに分ける事ができます。

糸巻き

糸巻きに使われる材質は黒檀や象牙。現在ではプラスチックでカラフルなものも登場しています。

この糸巻きは、ギターのペグのような機械的な構造はなく、形状としては単純に軸受けの穴に差し込み、摩擦で止まっているだけの状態です。

舞台では強い照明に照らされ、温度や湿気が急激に変化します。本番中にもかかわらず糸巻きの摩擦力が無くなり、「キュルキュルキュル」っと一気に緩んでしまうということもよく起こります。

演者さんがとても気を使う部分のひとつです。ただ、必ずしも高級な象牙を使えば良いかといえば、そうでもありません。演者さんの経験と、十分な準備が整って初めてそう言うトラブルも減って来るものだと言えます。

竿(サオ)

竿の部分は、紅木が良く使われます。そして折れたり拗(ねじ)れたりしないよう、十分乾燥させかつ圧縮して作られたます。

いかに丈夫に作られているかを伝えるためのエピソードして、演者さんはこんな話をします。

「この為、津軽三味線の竿は水に漬けると沈むと言われています。私は試したことはありませんが。」

そして、近年ではこの良い紅木が少なくなって来た為、三味線の値段が大変高騰してきています。「新しい三味線が欲しいと考えている方は、この紅木が無くなる前に早く決断した方が良いですよ!」と、よく三味線屋さんに催促されます。実際のところはいかがなんでしょうか?

胴(ドウ)

胴の部分は太鼓になっているので、太鼓と呼ばれることもあります。花梨という材木が使われる事が多いです。

太鼓の内側は、通常丸く打ち抜いただけの「丸打ち胴(マルウチドウ)」ですが、より良く響くようにと特殊な「子持ち綾杉彫細工(コモチアヤスギボリザイク)」を施した胴体もあります。

これに犬の皮を張ります。良い音色や響きを作り出すため、破れる寸前ギリギリまでカンカンに張ります。。

三味線の管理が悪いと、ケースから出したら破れていたと言うことが良くあります。ただ、この三味線の皮だけは、いくら管理が良くてもマメに弾いていないとすぐに破れてしまいます。

個体差もありますが、僕は三味線は3ヶ月弾かないで放置していると破れても仕方がないと考えています。

三味線とは弦が三本ある為、「三」味線といいます。太い糸を一の糸、真ん中を二の糸、細い糸を三の糸と言います。

昔は全て絹の糸だったと言われていますが、現在はより強く切れにくいナイロンやテトロン製の糸が主流となっています。

しかし、やはり絹の糸の音色に勝るものは無く、現在でもこだわって絹の糸を使っている演者さんもいると聞きます。是非一度絹の音を聞いてみたいですが、私はまだ経験がありません。

津軽三味線はとても激しくバチで糸を打ち鳴らし、なおかつすくい上げたり、上下に擦り続けたりします。こういう激しい演奏をすると、この絹の糸ではひとたまりも無いんじゃ無いかなと思います。

実際、強いナイロンの糸を使っていても、舞台で糸を切ってしまう事も良く有ります。これも、経験と十分な準備で備えるのが一流どころの演者さんだと言う事でしょう。

撥(バチ)

これもピンからキリまで色んな材質のものが有ります。最高級は白水牛の肢(え)に柔らかく折れにくい鼈甲(べっこう)かなと思いますが、これも好き好きで、象牙のバチを好むひとも多いと思います。

最近ではプラスチックの柄に鼈甲のバチや鼈甲に似せた「練り」という人工の鼈甲バチも人気が有ります。

あとは昔ながらの木製のバチも、柔らかく風情があって使いやすいです。僕も練習用として良く使っています。

東さわり

最後に東さわりについてひとこと!この東さわりこそ、津軽三味線のいけてるところ(今風に表現してみました)だと言っても過言では無いでしょう。

東さわりとは(画像参照)糸巻きの付近で一の糸と竿の間にある四角い突起のことで、竿の裏からねじ式になっていて調整すると糸の振動に触りがあたり「ビーン」と言う音に変ります。演者は常にこの東さわりを調整して、「ビーン」となるようにします。

これは、アナログでは有りますが、ギターで言うところの「サスティーン(エレキギターの音を長く伸ばす効果を出す小さな機械)」のような効果があります。

そして、ロック好きの僕はあえてこう表現させて頂きます。「東さわりは、ディストーションサスティナーだ!(エレキギターの音を歪ませて伸ばしたサウンド)」と!

わからない人には何のことかとなりますが、この東さわりの効果で一の糸を激しく叩きつける「じょんから節」のサウンドは、ギターアンプから大音量で出てくる歪みまくったエレキギターのサウンドに匹敵する迫力を醸し出すのです。
おぉ~!すごい~!

津軽三味線の醍醐味はなんと言っても「自由」です。

津軽三味線の醍醐味をひとことで表すとすれば、それは「自由!」だと断言できます。

イヤイヤ「ダイナミックな演奏スタイル」でしょ!イヤイヤやっぱり「迫力」だよ!「独創性」だよ!「アドリブ」!「スピード」!「音色」!

はい。もちろん色んな意見があると思います。しかし、それも人それぞれ、全て自由なのです。

津軽三味線の醍醐味とは、何も囚われる必要がない、自由なスタイルの演奏楽器だと言えます。

どうして自由なスタイルなんですが?

津軽三味線の歴史を作って来たのが、今現在存在するすべての流派の元となった本流。そして本流の流れをくむ新しい流派。

そこからどんどん分岐して来たこと、また分岐しやすかったという事がはっきりしています。

盲目のボサマ(生きる為に各地を回り、民家の軒先で三味線を聴いてもらい、日々の糧を得るという生活をする人たち)が発祥とされている津軽三味線。

まずは人の興味を惹く事が大前提。その為にはどんな事でもしたきたのでしょう。

実際、あの有名な高橋竹山さん(津軽三味線の第一人者で、二大流派のひとつ竹山流の創始者)がバチの柄の部分を使って演奏している動画も残っていたりします。

このように、自由な気質の伝統芸能であり、お師匠さんを超えるような斬新なお弟子さんも沢山生まれているのが津軽三味線です。

普段はニコニコした普通のお師匠さんでも、青森県の弘前(津軽三味線の発祥の地とされ、現在も沢山の大会が開かれてます。)へ行ったらみんながベコベコ挨拶しに集まってくるなんて事あるかもしれません。

僕の現在のお師匠さんは和歌山県の海岸線で磯ノ浦と言うところひっそりと教室を開いています。何故こんな田舎に引っ込んでるのか不思議なんですが、未だに全国の大会荒らして回ってる現役バリバリさんなんです。ええ年やのに!(ハハハこれ内緒!)

この右端で歌ってるのが僕の師匠です。若い人をはじめ、色んな方が集まってきて、笑顔と笑い声の絶えない皆に愛されている素敵なお師匠さんのひとりなんですよ!

まとめ  津軽三味線とは?

ここまで読み進めて頂きありがとう御座いました。

津軽三味線とは現在進行形で、まだまだこれからどんな音楽を奏でていくか全く想像すらできない可能性を秘めています。

そして、とてもワクワクさせてくれる本当に素晴らしい音楽だという事を付け加えたいと思い一筆させて頂きました。

津軽三味線いいね!と思ってもらえるような、そして皆様のお役にたてるようなブログの更新を心がけていきます。

是非ご一緒に津軽三味線の世界、民謡の世界を楽しみましょう!

本当にありがとう御座いました。

by つむぎ人HIDE