津軽三味線〜左手のテクニックとトラブル回避の練習法〜

こんにちは。

津軽三味線 唄うたいの「つむぎ人HIDE」です。

津軽三味線かっこいいですよね!

特に、左手の動きに注目です。時に力強く、時に滑らかに。まるで踊るような指使いに、観客は虜(トリコ)になります

しかし、自分が演奏するとなると話は別です。

あの演奏を再現するとなると、かなり無理なトレーニングを積みます。

腱鞘炎(筋肉の炎症で指が動かなくなること)になり、この辺りで津軽三味線の習得を断念する人も多いでしょう。

僕も、左手の薬指がたまにつることがあります。そこで、練習法も工夫するようになりました。

大事なことは、左手のポジショニングフォームです。また、力加減正しい練習法です。

おかげで無駄な力も抜け、以前よりも楽に演奏ができるようになりました。

僕がスーパーテクニックを身につけるため、苦労に苦労を重ね編み出した、僕ならではの練習法です。

そして、練習時に気をつけるべき点です。

初心者にも分かりやすいように、言葉と画像で解説したいと思います。

ゆり

ますは「ゆり」ですね。

ゆりとは、ギターで言うところのヴィブラートです。

三味線の糸を押さえて、ただバチで鳴らすだけではなく、もうひとあじ加えます。その方法の一つが、この「ゆり」です。

方法としては、糸を押さえる指を糸から離さずにゆらします。すると、音程がゆれます。

大きく揺すれば大きく揺れ、小さく揺すれば小さく揺れます。

「ゆり」が無いと、初心者っぽく見えます。しかし、頑張って揺すりすぎて、不自然な人も多いです。

でも、上級者のオーバープレイはやり過ぎていても、個性として見えるので不思議です。

これも、津軽三味線の魅力のひとつです。

しかし、初心者で指の体力が無い状態で、無茶なゆりにチャレンジするのは大変危険です。

次の点に気をつけましょう。

上の写真のように、親指、人差し指の付け根、薬指の先の三点の手の形をしっかり固定します。そして、その形を崩さずに竿に対して平行に、左腕で薬指を揺する感じです。

写真は薬指で「ゆり」をするところですが、力が入らず指が寝てしまっています。

指は立てるのが基本ですが、だんだん寝てしまうので注意して下さい。

ポイントは手のひらと指のフォームを固定することです。また、「ゆり」は指先だけで行うのではなく、腕全体で行うということを意識します。

 

すり

「すり」とは、ギターで言うところのスライドです。

糸を押さえてバチで打ち、音を鳴らします。そのまま指を離さずに、音が消える前に次のツボまで指を滑らせます。

バチでひとつずつ鳴らすより、「すり」を使う方が音のバリエーションが広がりますね。

うち

「すり」とよく似た弾き方で、「うち」というのがあります。

左手で糸を押さえてバチで打ち、音を鳴らします。そのまま左の指を離さずに、音が消える前にバチを使わず、左指を強く別のツボに乗せ、音を鳴らします。

すりに比べ、早く滑らかに指運びが出来ます。また、はっきりとしたリズミカルな音色を演出できます。

ゆすり

ゆすり、意外と難しいですよね!

津軽三味線独特の技法でしょうか?
音階で言うと、単純に「上がって、下がって、上がって、下がって!」これをずっと繰り返すだけです。

ゆすりかた

左手の指でしっかり糸を押さえます。

2. バチで、しっかり叩いて糸を鳴らします。

3. 音がなっている間に、ツボからツボへ左手の指を滑らせ、往復させます。

次に、左手の指は、糸から離さずしっかり押さえたままです。

4. バチで、しっかりすくって糸をならします。

5. 糸がなっている間にツボからツボへ左手の指を滑らせ、往復させます。

右手と左手のタイミングがしっかり合うことが大切です。下の写真のように初めは、「一番細い三の糸の、十のツボと九のツボ」あたりを使って、大きくゆっくり練習しましょう。

この繰り返しです。

慣れてくると、写真の様な「テン」や「」の音は聞こえなくなり「タウッ、タウッ、タウッ、タウッ」と聞こえてくるはずです。

コツは、右腕と左腕を交互に振ってるような感覚です。お手玉3個使ってする、「ジャグリング」みたいな感覚ですが、お分かり頂けますでしょうか?

ギターでこれに似た技法を考えましたが、思いあたりません。

僕が無知なだけでしょうか?

ギターで同じことをしたら、すごく間抜けて見えると思います。

しかし、津軽三味線ではこの技法が、絶妙のタイミングで使われます。それも、激しいバチさばきに続き、流れるようなメロディーからだんだん佳境へと差し掛かかります。
それから一気に音を殺し、シーンと静まり返ったところで、この「ゆすり」の音色が聞こえて来ます。

ぼくは、いつも鳥肌が立っています。今、想像するだけでも鳥肌が立ってきます。大好きな、技法です。

しかし、難しいんです。これが!

初心者のうちはこれが、裏間(拍子がずれる事)になっちゃったりするんですよね!

で、右手と左手のタイミングが合わないんです。なかなかね!

これには、原因があります。

この単純な繰り返しが出来ないのは、しっかり竿を握れていないからです。この為、力の向きがバラバラに向いてしまい、余計な力がかかってしまいます。

竿を外さない為には、手の形を固定する事を意識してください。

薬指でゆする場合のコツ

親指、人差し指の付け根、薬指の先」でしっかり竿を固定します。

ゆする時は指や手首は固定して、腕でゆするようにします。

人差し指でゆする場合のコツ

親指、人差し指の付け根」でしっかり竿を、固定します。指先は立てて爪先ですべるようにゆすりましょう。
腕の振りに合わせて手首がしなるようにゆすります。

あとは、形が崩れないように気を付けながら、「叩いてゆする、すくってゆする」の繰り返し練習です。

「はじき」と「かき回し」

はじき

「はじき」とは、右手のバチを使わずに、押さえている左手の指で糸を弾(はじ)いて、音を鳴らすテクニックのことを言います。

バチで鳴らすよりも音が小さく柔らかいので、全ての音をバチで鳴らすよりも曲にアクセントがつきます。

また、バチだけで続けて打ち鳴らすよりも、バチとはじきを交互に使う方が、よりスピーディーに弾くことができます。

慣れてくると「ツレ、ツレ、ツレ、ツレ」と聞こえる様になります。

さらに、この「はじき」を使った高等技術として「かき回し」が、あります。

かき回し

曲の最後など、要所要所で「ジャカジャカジャカジャカ」と聞こえてくるアレが「かき回し」です。

上の写真のように

1. 左手薬指で四のツボを押さえ、右手のバチで弾(はじ)いて糸を鳴らします。

2. 次にバチは使わずに、左手薬指を弾(はじ)いて糸を鳴らします。

3. そのままバチは使わずに、左手人差し指を弾(はじ)いて糸を鳴らします。

4. 続けて、左手薬指で四のツボを押さえ、右手バチですくって糸を鳴らします。

5.  次にバチは使わずに、左手薬指を弾(はじ)いて糸を鳴らします。

6. そのままバチは使わずに、左手人差し指を弾(はじ)いて糸を鳴らします。

これを繰り返します。

初めは「ツンレンレンツンレンレン」と聞こえると思いますが、慣れてくれば、早く弾けるようになります。

すると、これが「ジャカジャカジャカジャカ」と聞こえて来るようになります。

津軽三味線の曲弾きやコンクールなど、技術を競う時にも、このはじきやかき回しは多用されます。

いかに早く綺麗に繰り返すかが、審査の基準となります。

かき回し、指を早く動かす秘訣

ここで、またまた余談ですが、どうすれば指が速く動くか? 結論はこうです。

はじめから上級者の様なスーパープレイは出来ません。しかし、頭では同じことを目指してしまいます。

でも、指は上級者と同じ様には動きません。結果、「出来ない!」となります。練習すればするほど「出来ない!」となってしまいます。

この時のトラウマが頭の中に記憶され、指の筋力がついてきても、肝心なところで頭が勝手に「出来ない!」と判断してしまいます。

上級者と比べて、「自分には出来ない」と思ってしまうことはトラブルの元です。指に余計な力が入ってしまい、腱鞘炎(けんしょうえん)になる原因にもなってしまいます。

では、どうすれば良いか?簡単です!

「今日は、これだけ練習してここまで出来る様になった。」と考える様にください。「前回よりこうゆうところが出来る様になった!」と考える様にして下さい。

そして、確実な「自信」と「体力」がついて来た時、あなたはスーパープレイヤーの一員となっていることでしょう。

まとめ

「津軽三味線」本当に難しいですね。やればやるほど、大きな壁に直面します。だからこそ、極めた人の演奏には観客を虜(トリコ)にする力があります。

僕も、その域を目指し日々練習に練習を重ねています。

しかし、逆効果になってしまう無理な練習を積んでいる人がたくさんいます。

皆さんもできれば、無理はなさらないで下さいね。

こうやってブログと言う形で文章にして、忘れていたことやあらためて気付いたことが沢山あります。

僕にとっては本当にプラスになっているこのブログ、皆さんと共有出来ることに感謝します。

一緒に、解決を目指しましょう。きっとそれが、私たちの今後の演奏の糧にもなると思います。

津軽三味線の音色が、僕とあなたの架け橋になることを願って!

by つむぎ人HIDE